頬の乾燥対策3【敏感度:3/5・乾燥度:3/5】(36歳・女性)


頬の乾燥で困っていることは何?

夏場は気にならないものの、毎年秋口から冬の間の乾燥がとても気になります。乾燥が困る一番の理由は、メイクのノリが悪くなることで、仕上がりもとても汚くなるというのが悩みです。

頬の乾燥対策で最も重要な事は何?

1にも2にも保湿が重要だと思います。保湿も水分と油分のバランスがとれていなければ最上の状態は作れないので、化粧水と乳液をつける際の絶妙な量を自分で把握する必要があると思います。

保湿化粧品は何を使っていますか?

一時期粉を吹くほど乾燥がひどくなった時期があったのですが、その時に勧めらて使用した保湿クリームは使用後に顔がベタつくのが嫌で3分の1程度の量しか使わずじまいでした。

保湿化粧品を選ぶときのポイントは?

購入の際に注目している点は、まず自分が使っているスキンケア化粧品と同じメーカーのものであること。成分には特にこだわりませんが、口コミで評判が良いものと、美容液タイプである事。現在気にいって使っているのは、ALBIONのセラムバースという5,250円の物です。これを2プッシュほど手に取って顔になじませると、肌がまるで水を飲み込むように浸透し、吸い付くようなお肌になります。

乾燥が気になるのは冬だけ?夏は?

基本的に1年中同じ保湿対策をしています。夏はベタつくのが嫌で何もしない時期もあったのですが、肌の内部は乾燥していると聞き、季節を問わず同様のお手入れをするようになりました。