頬の乾燥対策12【敏感度:5/5・乾燥度:5/5】(27歳・女性)


頬の乾燥で困っていることは何?

洋服を着る際、頬に生地が触れただけで赤くなってしまうほどの敏感肌です。冬は外の風に当たっただけで頻繁に真っ赤になってしまうため、恥ずかしいです。この症状は第一子妊娠中から出産後の今も続いています。夏場は乾燥はそこまで気になりませんが、合わない化粧品を使ったりすると敏感肌なので真っ赤になってしまいます。

頬の乾燥対策で最も重要な事は何?

私は病院にかかりました。妊娠前は全く起きなかった問題だったため、お薬をもらって塗っています。保湿は以前からしていたのですが、それだけで改善しない場合は病院にかかったほうがいいと思います。

保湿化粧品は何を使っていますか?

敏感肌専用の化粧水や乳液を使い、入浴剤も敏感肌専用のものにしました。いまは色々なメーカーから敏感肌専用の化粧品が出ているため、自分にあったものを探すのがいいと思います。私は皮膚科に置いてあった本で見たワイエスラボのものを使っています。いままで合わないものはすぐに赤くなりましたが、これは乾燥もしにくく、私に合っているようです。ただにおいが独特なので、初めのうちは少し気持ちが悪くなりました。

保湿化粧品を選ぶときのポイントは?

私が保湿化粧品を選ぶポイントは口コミの評価が高いことです。値段は全く気にしません。後で病院に通うことお思ったら高くてもいいものを使いたいです。成分はできるだけ天然由来のものや無添加のものを好んで使っています。タイプは化粧水を使ったあとにたっぷりのクリームを使用しています。どちらか片方だけだと乾燥してしまいます。メーカーは特にこだわりはありませんが、私にはワイエスラボが合っていました。

乾燥が気になるのは冬だけ?夏は?

乾燥する時期は主に冬場です。しかし夏場は日焼け止めを塗ると乾燥してしまいます。そのため極力日焼け止めを塗る場合は薄く塗り、ファンデーションに日焼け止め効果があって保湿効果もあるものを使用しています。